「キャッシング」と「キャッシングカード」の意外と多い勘違い

銀行預金を引き出すカードは「キャッシュカード」と呼びますが、カードにはお金を借りる機能が備わっているものもあります。クレジットカードのキャッシング機能や、カードローンがそれにあたります。これらのカードの違いとはいったい何なのでしょうか。

キャッシュカードは自分のお金を引き出すためのものです。そのためいくらおろしても誰も文句は言いませんし、借りたお金ではありませんから利息もありません。ただし最近のキャッシュカードにはセキュリティーの都合により、1日に引き出せる金額が決まっているものも多くあります。

キャッシングやカードローンで使うカードは、金融機関からお金を借りるためのものです。このカードを使って引き出した現金は「借金」です。どちらも気軽に利用することができるものですが、自己資金なのか借金なのかは大きな違いでしょう。

お金を借りた場合は利息を手数料として払わなくてはなりません。契約内容によってどの程度の金利なのかは違ってきますが、長い間借りれば大きな負担になることもあります。

しかし1つ便利な使い方があります。キャッシュカードで自分のお金を引き出す場合、ATM手数料が発生することがあります。もし手数料の発生しないキャッシング用のカードがあった場合、必要な時だけ少し借り、銀行からの引き出しで手数料がかからない時間に返済すれば、利息負担のほうが預金引き出しの手数料より安く済むことがあるのです。特に週末一時的にお金が必要な場合はこの方法が活躍します。